土星人マイナスの運勢(2020年)

並外れた責任感を持つ理想主義者の土星人。
名誉よりプライドを重んじる土星人マイナスの2020年運勢は。

土星人(-マイナス)の2020年運勢は、減退

3年間続く大殺界の最後の年です。この時期さえ耐え抜けば、再び春が巡ってくる運気になります。しかし、まだまだ運気は低迷中。家族や友達の不幸があったり、自分の健康状態にも問題が出やすいです。

今まで身につけた金銭は全て吐きだしてゼロにするくらいの心積もりでいましょう。ここで出し惜しみをすると運気はマイナスとなり、翌年の良い運気まで損なってしまうので注意です。


土星人(-マイナス)の2019年運勢は、停止

大殺界のど真ん中の年。いろんなことが空回りし八方塞がり状態になります。仕事も新たな効果は期待できません。
過去の蓄えを食いつぶして生きていくことになります。今まで何らかの財を成せなかった人は健康を損ない、最も大事な身内の人を失う可能性があります。
この時期にはすべて結果は凶と出るので、おとなしく堪え忍ぶのが無難です。


土星人マイナスの2020年月運(月別運勢)

土星人マイナスの月運(月別運勢)です。
ピンク色の月は大殺界月です。大殺界は、積極的な行動や自分らしく過ごすことを控え、相性の悪い人と付き合うと無難に過ごせます。

土星人マイナスの大殺界月は、10月11月12月になります。

土星人マイナス- 2020年月運
 1月
 2月
 3月
 4月
 5月
 6月
 7月
 8月
 9月
 10月
 11月
 12月
種子
緑生
立花
健弱
達成
乱気
再会
財成
安定
陰影
停止
減退



土星人と戌亥天中殺の関係

《大殺界》 と 《空亡》 と 《天中殺》 と 《0学》 は同じ占いです。「重なった~」と心配される方がおられますが、誰でも重なります。

 これらは全て、十干・十二支の組み合わせから導かれています。12支のうち、誰でも2支があぶれるようになっています。(12支-10干) 土星人は、戌と亥があぶれるので、天中殺では「戌亥天中殺」、四柱推命では「戌亥空亡」になります。

 土星人は、戌年、亥年、戌月(10月)、亥月(11月)は、運気が落ち込む時期になります。ただし、四柱推命で占いますと例外(運気が良くなる)の方もいます。大殺界は当たらないなぁと思われる方は四柱推命で占うと新しい発見があるかもしれません。

2021年からの土星人マイナス(-)の運勢

   2021年   …  種子
   2022年   …  緑生
   2023年   …  立花



六星占術の本はとても参考になります。

上の手帳は2020年度の六星占術の手帳(開運暦)です。今日の運勢が達成なのか停止なのか、土星人マイナスの毎日の運勢が一目でわかります。

2020年から細木かおりさんに変わり、手帳も新しいデザインに変わりました。細木数子先生時代の手帳と比べると、サイズが大きくなり、手帳の中身も大きく変わりました。細木数子先生の手帳は小さくて持ち歩くのに便利でしたが、細木かおり先生の手帳は日記帳のように記録を残していくのに便利そうです。

自分の星だけでなく、全ての星の運勢がすぐわかる手帳なので、家族や恋人の運勢もチェックしやすいですし、相性も確認できます。干支カレンダーや六曜カレンダーもあり便利な手帳です。

【Amazon】六星占術による土星人の運命〈2020年版〉
【楽天】六星占術による土星人の運命(2020年版)




2020年運勢
土星人 土星人プラス 種子
土星人マイナス 減退
金星人 金星人プラス 立花
金星人マイナス 緑生
火星人 火星人プラス 達成
火星人マイナス 健弱
天王星人 天王星人プラス 再会
天王星人マイナス 乱気
木星人 木星人プラス 安定
木星人マイナス 財成
水星人 水星人プラス 停止
水星人マイナス 陰影


六星占術