占いカフェ@幸せ向上委員会

ゆう☆の日記


 
5月31日

まっきぃは職案に寄って仕事に行く、というのがちょっとづつ日常になってる。何がまっきぃにとって"生涯の仕事"なのか、難しいよね。好きだけじゃどうにもならなかったことを考えると、先が見にくい。ん〜、でも、まっきぃが判断することだよね。余計な口出しして、混乱させたくないけど心配は心配。むむむむむむぅ。

明日はお休み。明日は新人さんの初出勤なのに店長は出張で私も休みで、入社半年ぐらいの女の子がその日を仕切ることになる。さすがに・・・あぁ〜、大丈夫かな・・・。って思ったけど、店長はたぶんわざとそうしたんだろうなって思って(結果的になっただけかもしれないけど)何も言わなかった。最悪電話かけてくるだろうし・・・。でも、その半年の子もお店を任せらるまでになったんだなぁ〜って、しみじみしちゃう。私も今だに彼女のすることに世話をやいてしまうけど、もう全然一人で大丈夫だよね。そういうの嬉しいけど、"負けてられない!"って気合も入る。

私の遠い夢は、自分のお店を持つこと。前はマスコミ界でバリバリ働きたかったけど、今は漠然とだけど一生できるお店を持ちたいなぁって思う。そのときにまっきぃもそばに居たらいいなぁ。
前の日曜かな、まっきぃとアジアン雑貨のお店に行きました。そこですごい可愛いランプを発見!シェードランプで、そんなに大きなものでもないから見てたらいろんなお店にあって、どれもこれもみだして(^-^;そしたら、
「ゆう☆はホントにランプすきやなぁ〜。家を作るときにはランプの部屋がいるな」
「うん。でもまっきぃがいいなら、だよ」
って、なんだかホントにずっと一緒にいれるんかな、まっきぃもそう思ってくれてるのかなって、嬉しかった(^-^*

明日の休みはどうしようかな。友達何人か声かけたけど、全員つかまらず(--;;
1日部屋にいるのも、さすがにちょっともったいなく感じちゃう。ぬぅ〜。
どっか行こうかな・・・。
 
5月29日

まっきぃは心配性。
いつも「ほんとに??」って聞く。夕飯のメニューも、たまの休みの行きたいところも、私の気持ちを話したときも。
それが嫌なわけじゃないけど、ただちょっとせつない。確かに私は優柔普段で物事をぽんっと決められない。ボーっとしてるときはまっきぃと行きたいところも、食べたいメニューもポンポン浮かぶのに、一緒にいるとそれだけで満足しちゃう。

昨日の自分の日記を読み返して、あまりの暗さに自分でもびっくりした。なんだこれ??って思うほど。それでもそのときの自分の正直な気持ちなんだと思うから、消さないでおいといた。
実は、この日記はまっきぃも知ってる。書き始めた頃は読んで感想聞かせてくれたりしてた。けど「ゆう☆の気持ちだけ文章で読んでいるのはフェアじゃない気がする」といって、読まなくなった。「見たら感想は言うよ」っていって、それから感想聞いていないし。いつまっきぃが見るかもわからないのに・・・って言う遠慮は不思議となくて「これがゆう☆だよ」ってわかってもらえたらと思う。そのかわりじゃないけど、まっきぃの嫌なところもいいところもちゃんと見て行きたいし。

今日、新しいバイトの人が決まった。学生さんで今いる学生バイトの子と同じ年で19歳。わっかいなぁ〜・・・。こないだまで高校生。わぁぁあぁ〜〜〜(><)
私も年をとったんだなぁ。年を取っていくのは嫌じゃないけど、それ相応の取り方をしたいなって思うよ。
バイトの子、イイ子だったらいいな。店長の感想は「普通の子」で、その感想は前にはちゃめちゃなバイトさんを面接したときにも言ってたから、ちょっと不安だけど。
新人さんばっかりだ。大変だなぁ。夏休みまでにしっかりしていかないと、お店が回らなくなる。ただでさえ、昨対も予算もわってるのにスタッフがまとまらないと、改善も何もない。明日もがんばらなくちゃ。ちょっと在庫も多めだし、仕入れも調節しなくっちゃ。今日、発注まちがえちゃったし(−−;;久々の初級ミス。気合入れなおさないと。
 
5月28日

 今日もすごくいい天気。しかもお休み。
家でいるのも勿体無くて、どこかに行こうかな...っと思ってたらおかぁさんに呼ばれて、庭の花の手入れを手伝うことになった。しゃがみ込んで枯れた分を取り除いていく。意外と今期のいる作業で腰とか首とか痛くなったけど、まぁこれもいい休日だ、とゆっくり作業してたのに案外早く終わってしまった。途中、祖父が近くを車で通りすがって「きれいにしてるなぁ〜」って声をかけてくれたのに、「うん」としか言えなかった。やっぱり、なんだか妙に苦手。
別に嫌いと言うわけでもないのに、祖父母が苦手でしかたない。会話もいつも適当で、寂しいことだとも思うんだけど上手く付き合っていけない。
そうしたら、なんだかほんとに疲れてきちゃった。
嫌な子だなぁ。私。
そう考えてたら、なんだかいろんな事が頭の中に浮かんできてた。

昔、妹と半分ずつ出し合って父の日と母の日をプレゼントしたら、「妹のおこずかいがなくなってるのはあんたが言い包めたんでしょ?」って叱られた事。
夕方に父にバレーを教えてもらうのが嬉しかった事。
中学時代、大喧嘩した友達が高校にあがったとたんに丸い性格になっていたこと。
まっきぃと初めて二人だけで食事にいった帰り道のこと。
一度だって祖父母と同じ布団で眠らなかったこと。
近くの田んぼに秘密基地を作って遊んでたら、おじさんに怒られて逃げてきた事。それを誰にも言えなかった事。
初めて好きになった人の名前の字を間違えて覚えてた事。
一度だけ祖母が父の子供の頃の話を嬉しそうに話してくれた事。

ぐるぐる頭に回って、ため息が出て、なかった事にした。

それから母を誘って買い物に出かけた。
色々見て回ったけど、あまりの暑さになんだかそんな気持ちも萎えてしまって何を買うでもなく、帰ってきちゃった。結構かわいいチュニックを見つけたんだけど、ライブにいったり通販の支払いとか色々あるし諦めた。
もっと色々部屋もかえたいし、そのためにも今あるカードとかの分をちゃんとかたずけなくちゃ。貯金もしたいし。

気分が悪いって母が寝てしまったから、夕飯は急遽私が作る事になってとりの照り焼きとサラダを作った。上手く焼けるか心配だったけど、まぁ、なんとかなったみたい。お父さん、なんていうだろう。「ゆう☆の料理は美味しくない」っていってたしなぁ。
明日はお仕事。頑張らなくちゃ。
 
5月27日

おとついはゆずのライブ(><)
初めての最前列で、めちゃくちゃ楽しかった!!あんなに間近で二人を見たのは初めてで「人間なんだなぁ〜」って変な感じだったよ。だって、いつもほとんど平面でしか見てないんだもん。音楽も企画も歌もよかった。ホントに楽しかったぁ。
一緒に言った友達も「会場に入って席につくまで、いつ何時流れ弾に当たるかわからないから(笑)」といってドキドキしてた。
その話をしたくて、昨日まっきぃに会えたときずーと話しっぱなし(^-^;;だって・・・ほんとに楽しかったから。夕方まで仕事だったから、それから一緒に買い物して夕飯に。私、なんだか最近すっごいさみしがりで、困った困った。自分でも本当にびっくりしたよ。こんなに甘えん坊だとは思わなかった。最初と全く違うもん。まっきぃ、あきれてないかなぁ。一週間に一回まっきぃに会える、それがなかったらどうなっちゃうんだろうってぐらいだもんなぁ。ちょっと前まで三ヶ月もほとんどあえなかったというのに、今は、ちょっと考えられない。昨日も甘えっぱなしだった。
食事に行ったのがカフェで、3階にあるバーが五周年とかでデザートサービスをしてるっていわれて、3階にいったんだけどびっくりするほど雰囲気が違う。1階2階は可愛い感じで素敵だったんだけど、3階は赤と黒しかない女王様の部屋みたいで(^-^;;落ち着かなかった・・・。ご飯はおいしかったけど。
夜、帰りにものすごい雷に遭遇して稲妻も一生分ぐらい見た。でも雨は全く降らなくって、それが逆にすごく怖くて思わずまっきぃに電話しちゃった。まっきぃも雷の中雨に(しかもなぜだか季節はずれのひょうまじり)うたれて帰って、お風呂で温めようとしてた頃だったのに、私が帰るまで電話付き合ってくれた。ワガママだなぁ、あたし・・・って思いながらその優しさが心地よくて幸せでしょうがなかったよ。そのあとも、電話してくれて「おやすみ」って言ってくれた。あぁ〜、ホントにもうまっきぃのいない生活なんて考えられないよ・・・。でも本当に嬉しかったのが・・・。
仕事ですっかり疲れちゃっててそのままぐっすり寝ちゃったんだけど、深夜一時頃メールくれました。寝ぼけた頭でそのメール見て、ホントに泣いちゃった。頑張って!って気持ちも込めてお奨めの「プーさんの知恵」って本をシリーズ二冊(まっきぃがほしがってたし)プレゼントしたお礼をくれて、それと一緒に少し前にまっきぃが石川へ行っちゃった時、連絡手段もなくて心配で部屋に送った手紙のお礼と「ずっと心の支えになってくれてありがとう」って(T-T)なんだか、私の心配や不安も全部報われた気がした。これでよかったんだと思った。
それから、幸せだなぁってホントに思ったよ。一緒に頑張れたらいいなぁ。
 
5月23日

晴れた。雨の予定が(^-^;;
けどまぁ、それはそれでいいかな。とおもって1日ゴロゴロゴロ〜〜〜〜ってしてました。買いだめしたお菓子にも手をつけず、まっきぃにもらったスヌーピー抱いて、
寝てはごろごろ転がって、また起きて寝て。ナマケモノのような一日を過ごしました。例のカードの件が気になってお店に電話しようと思ってるのに、なんだか起き上がれなくて夕方になっちゃった。そしたら店長からかかってきました。
結局、今日一日では処理が進まず、明日に持ち越しになったとの事。怒られちゃうだろうなぁ・・・お客さんにも・・・。明日引き継いでちゃんとしなくちゃ。
この怠けた頭をどうにかしないと・・・。

今日夕食を作ってるときにおかぁさんが「こないだまっきぃきた時元気なかったなぁ」って言うので、隠すのもなんだかなぁとおもってまっきぃが転職しようと考えてることを言いました。別にそれに対して何かを言うわけじゃなったけど「そうなんかなぁ、とは思ったよ」って言われて、なんだか変な感じだった。わかるもんなのかなぁ・・・。まっきぃは今日、夕方まで事務所に出てそのあと地元の友達とライブにいってます。すごい楽しかったらしくって、さっきメールがきました。
なんかホッとしちゃった。
ライブを友達と楽しんで、そのあと「今からごはんいってくる〜」って楽しげに電話くれて、そういう日常が戻ってきたんだって、嬉しくなっちゃった。これでこそまっきぃ!好きな音楽聴いて楽しんだり、ちょっとこった料理に挑戦したり、居酒屋さんでわいわい飲んでべろ〜んとなったり。それが当たり前に感じちゃってたけど、でも、なんか嬉しい。なんか幸せ。
 
5月22日

あぁ〜〜〜もうぅ!疲れたよぉぉ。
八時からの一時間、ほんともう戦争でした。
新人さんがカード処理を間違えて二回請求してしまい、その打消し処理にあれこれやってる間に、「アルバイトしたいのですが・・・」と男の子(ちょっとかっこよかった)が二人やってきて、その人たちに説明をしてたらいつのまにか新人さんが、閉店前にシャッターを閉めてた・・・。なぜ???
で、シャッターで頭を打ったお客さんに平謝りをし、結局カードの問題は片付かず明日に持ち越して店長にお願いすることになった。
あぁ〜〜〜、もうぅ!!ってさすがにイライラってしちゃったけど、新人さんだし私がついてて処理ミスさせてしまったのは私の責任でもあるから。仕方ない、って納得してたんだけど、新人さんはイイ子。何度も「すみません」って謝ってくれて「何かやれることありますか?」って言ってくれる。それだけで、「しょうがないなぁ」って気持ちは落ち着く。やっぱり「ごめんなさい」って言えるのは大事だなぁって思った。だって、昨日も休んだ問題のバイトさんだったらきっと自分のミスを棚に上げて「これって、残業つくんですか??」って言いそう(--;一言も謝りはしないんだろうなぁ。
だって、今日昨日の件でほとほと愛想の尽きた店長が「もう、こなくていい」って電話した時、一言も「すみません」とか言う言葉がなく、それどころか店長が「お世話になりました」なんて言ってたよ。とどめにバイトさんが最後に言ったのは「お給料はどうなるんですか??」だった。店長は怒り狂って彼女の着ていたエプロン(元は店長の私物)を丸めて捨てていました(^-^;;気持ちは、充分わかります。
彼女の例はめちゃくちゃにしても、やっぱり相手を思いやる「ありがとう」「ごめんなさい」は本当に大事。それで印象変わっちゃうんだもん。
私だってやっぱり人間。嫌われたくないし、優しくされたい。それなら、自分がまず相手に優しい気持ちを向けなくちゃダメなんだろうな、きっと。それが良くわかっただけでも、彼女の出現は意味のあることかもしれない。

今朝、仕事に行く前に江国香織さんの短編集を買った。その前は唯川恵さんのエッセイを買って、いっしょに「くまのプーさんの知恵」っていう本を買った。
その中の江国さんの短編「つめたいよるに」の中にある「スウィートラバーズ」を読んで、"いいなぁ"って思った。私はあまり祖父母との縁があるほうではないだろうけど、こういうことってあるんだろうなぁってじみじみとした。孫が生まれる1日前になくなったおばぁさんが、実は孫に寄り添ってずっと旦那さんである、おじいさんの
そばにいて、おじいさんが亡くなるときに一緒に孫の中から出て行って・・・という。「想い」ってやっぱり大きい。
「くまの〜」の方は私のプーさん好きもあるけど、ホントおすすめ。実はプーさんってすごく現実的なことをさらっと言ってたりする。夢のある世界で、現実に見落としてきたことをぽつりと。二冊、シリーズで出てたけどお給料でたらど〜んといっぱい買っちゃおうかな。プーさんの本☆
そういえばまっきぃがお泊りに着た日、まっきぃはプーさんを抱いて寝ていました。その姿があんまりにも可愛くてじ〜〜〜っと見ちゃった。その私も朝すっかり寝ぼけて、まっきぃがそばにいないっとバタバタとベットの上を探してたそうです。覚えてないけど・・・。

明日は休み。でも天気予報によると雨みたい。今日買い込んだお菓子でゆっくりしよう。部屋の窓から見る雨の景色って、ちいさい頃から結構好きだし☆やっとのお休みだもん。
 
5月21日

12時間労働を終えてさっき帰ってきました。
本来うちのお店のシフト編成では、8時間出勤で実質七時間勤務。それなのに、いつものバイトさんが「体調が悪いので休みたい」と電話してきました。えあ〜だって昨日も遅刻して...でもかなり元気だったのに(ーー;
もうぅ、突っ込む気も失せて彼女には休んでもらい、店長に承諾を得て結局私がフルで入ることになった。
仕事は好き。やっぱり、こうやって長い時間お店にいると実感する。単純に体力的な疲れはあるけれど、やりたいことがどんどん頭に浮かんでくるから、苦じゃなかったよ。ウィンドウのディスプレイかえたり、気になってた什器の後ろが丸見えのところも、応急処置として包装紙でカバーしたし、まぁまぁ、頑張ったよね。足はパンパンにむくんでしまったけど。

話はかわるけど、この間の日曜はまっきぃがうちにお泊まりにきてくれました。私は実家だから両親もいるんだけどまっきぃとお父さんが一緒に晩酌してる姿はうれしい☆お父さんはまだまだまっきぃの目を見てはなせないけど(笑)娘の彼を受け入れようとしてくれていることが、本当にうれしいよ。
でも、私は両親にまっきぃの仕事のことを言えてない。辞めることはもう決まってることだし、まっきぃも次を探そうとしてる。「職案行かなくちゃなぁ。最近の職案はすごいから!」って、なんの自慢だか分からない自慢をされたりしてるし(^ー^;取りあえずは、まっきぃが笑顔で話してくれること、「石川行った時.....」と辛いはずの逃避行の(その中で面白かったりした)話もちゃんとしてくれるようになってきた。今はリハビリじゃないけど、まっきぃにもう一回自信を持ってほしい。だから、両親に話すのはまっきぃの「次」が見つかってからっておもってる。遅い??
まっきぃもそのつもりなのか、全然そのことに触れてなかった。話し合ったわけじゃないけど、きっとまっきぃも自分の両親に言っていないから。まず、そっちがさきなんだし。焦ることはないよね。
 
5月18日

またまたお久しぶりになっちゃった。
正直、ちょっと日記書くのは辛かったです。そこまでの気持ちの余裕がなくて、毎日仕事しても何してももやもやが抜けなかった。
その原因は、まっきぃが石川へ行っちゃったこと。仕事に行くはずが、気持ちが進まなかったのかそのまま逆の電車に乗って、ずーっとずーっと遠い石川に。ちょっと前に日本海が見たい、っていってた。夜電話があったとき、それを思い出した。それに時間が早いからまさかとは思ったけど、やっぱりそうだった。
でも不思議と優しくなれた。
そんなになるまで思いつめているなら、いっそゆっくりしておいで。
そう言ってた。
その次の日もやっぱり帰ってこなかった。寂しくて辛くて悲しくて「帰ってきて」って言うだけしか出来なくって。寝るところもままならないで二日間すごしてるのかと思うと、心配でしょうがなかった。ちゃんとご飯食べてるのかなぁとか、潮風もあるだろうし夜はちゃんと眠れてるのかな・・・って。

昨日、まっきぃは帰ってきてくれました。足をけがして引きずりながら、仕事の後会いに行った私を迎えにきてくれてた。「ごめんね」って何回も言って。
そのとき本当に私、決めました。
まっきぃが次の新しい事を見つけられるように、なにがなんでもそばにいて手伝っていこう。このあと何があろうと、一緒にいるために頑張ろう!
 
5月15日

今日は定休日☆
ほんとなら店長と一緒に映画にいくはずだったけど、都合が合わず今日はのんびりすることになった。なのに雨(涙)

けど、ぼーっとできる時間は大事だなぁって思った。わたしは週休2日ぐらいのペースで休みがあるから、そう時間はちゃんとある方で、暇だなぁ〜っとおもっても、そうやってゆっくりする時間は絶対必要だと思った。
まっきぃは今まで、忙しすぎてそういう時間すらなかったんだ。日曜に休みがとれたら私といてて、その他の日は毎日終電で帰って、時には徹夜で。いくら好きなことだったとは言え、疲れてしまって当たり前なんだよね。日曜は休めて、平日はしっかり仕事して。そういう標準サイズのお仕事をして、空いた時間を自分のために使って。そんなお仕事さがせるように、私も励ましてあげなきゃ。
去年の今頃は私が仕事やいろいろで、すっかり凹んでた。その時に一生懸命そばで支えてくれたのはまっきぃだった。この人なら信じれる、って思えたきっかけでもあった。今夜帰ってきたら、明るく話そう。
一緒に先のことを考えよう。その前に、今のまっきぃの気持ちをちゃんと聞かなくちゃ。だって、私時分が心配でしょうがないことばっかりぶつけて、当の本人の思いをちゃんと聞けてなかったんだもん。
彼女失格。
お仕事辞めるまで、まだきっと時間はあるし、色々あるんだから。そばで見守っていたい。何もできなくても。
 
5月14日

昨日の夜まっきぃはお怒りでした。
仕事の食い違いで、上司と口論になったようでした。詳しく聞くと、どっちもどっちなことなんだけれど、仕事にやりがいを見出せないでいたところに、ちょうどいいきっかけになってしまったみたいです。
「仕事辞める」。昨日そうきいて話してたらその上司から留守電があり、また話をしたそうです。「怒らないでね」とはいったけど、どうにもならなかったみたい。それで今日辞めることを話しに、仕事にいきました。
出勤したら、その上司の方へ連絡入れることになってたけど「もし電話にでなかったら、帰ろうかな」なんていうから、その時ばかりはちょっと怒りました。今まで頑張った分を、そんな一瞬で壊すなんてぜったいにダメだと思ったから。転職を悪いことだなんて言わないけど、そんなふうに投げやりに辞めてほしくなかった。...これって私のエゴなのかな。

今日一日、どうにも気持ちが晴れなくて、もやもやとしてた。私にはまっきぃを丸ごと支えてあげることはできないかもしれない。気持ちではどんなに頑張って応援していても、まっきぃになんて言えばいいのかすら分からない。
昔から私は偉そうに何でも言うくせに、実際ではなんにも「言えない、出来ない」で、なんだかどんどん辛くなってきた。そしたら今までの辛かったこととかまで蘇ってきて、吐き気がして、仕事中涙を堪えるのに必死になってしまった。忙しくなってきたのが幸いして、少し気もまぎれたけど...。
関係ないのかも知れないけど、私はあんまり「愛されて育った」っていう実感がなくって(^ー^;両親にしたら決してそんなことはないのかも知れないけど、親に対してでさえ何度もぐっと堪えて我慢するようなことが多かった。だからなのかなぁ。こんなとき、どうやって支えてあげたらいいのかが全く分からないよ。

今夜、もしまっきぃから連絡がもらえたらなんて言おう。どうしたらいいんだろう。
 
5月13日

次のシフトで、例の問題のバイトさん(まるっきり仕事を甘く見て、人に対する態度も物凄く無茶苦茶な人)は退職することになりました。月に八日しか出勤日数がないぐらいまで減らされて、それでも都合が合わない...とほかのバイトさんに代わってくれって話をしたようで、さすがに度をこえていると言うことになり、店長が判断をくだしました。
ん〜、同情するべきではないとおもうし、確かにこれだけ仕事がやりにくい人もない。何をやっても中途半端でそのくせ、文句ばっかり言ってくる。
同じ立場で働いているのに、なんで?って残りのスタッフはすっかり信用しなくなっちゃってるし...。う〜ん、自業自得かな。
とは言え、いい気分ではないけれど。

今日まっきぃは頑張って仕事へ向かいました。お昼頃にもらったメールには、「大丈夫だよ」って感じのことが入ってきてて、ホッとしたよ。よかったぁ。
悩みの根本はきっと残ってて、いろいろこれから考えることもあるだろうけど、その時こそ私も一緒にがんばりたいな。少し前に友達がいってくれた言葉を思い出したよ。「ゆう☆とまっきぃには何が合っても認め合える、何かがあるんやろうなぁ」って。その時は「そう?」なんていってたけど、今はその「何か」を信じたいよ。まっきぃがピンチの時に、ひょいっと飛んでいってふわっと癒してあげれるような。一番に頼るのがあたしであるように。そのために何ができるかなぁ。

話は全く代わっちゃうけど、「千と千尋の神隠し」がDVDになるっていうので、木目のドングリ型のプレーヤーとセットのものがあるんだけど、すっごいかわいい!お値段もちょっとするから迷ってたんだけど、ソフトとハードでこの値段なら安い!と思い直していってみたら完売、完売、完売....。大慌てでおもいあたるCDショップもローソンも、おもちゃやさんも手当りしだい電話しまくったけど...(ーー;残念ながら規定数の予約が入ってしまってて、購入不可能。えぇ〜〜ん(><)せっかく決心したのにぃ。天下のタワレコですら扱いがない、というぐらいだもん。無理だよね。ローソン!あんなに宣伝してるんだから、限定とは言えもうちょっと個数ふやしてよぉ。ぐすっ(T-T)
 
5月12日

日記もひさしぶりになってしまいました。
実はいろいろあって、なかなか日記を書ける状態ではなかったんです。
勝手におやすみしてて、申し訳ないです....ごめんなさいももさま。

実は、旅行から帰って翌々日ぐらいにまっきぃから連絡がありました。何時も電話くれる時間より少し早くて、「仕事早く終わったのかなぁ」なんて思っていたんだけど、電話の向こうのまっきぃは実家のある地元に帰っていました。
朝、仕事に向かおうとしたけれどどうしても気持ちが進まず、そのまま実家の方に帰ってしまったということでした。
三ヶ月もの間休みもなく、徹夜続きで働いて、そこから一気にお休みにはいって又仕事に戻ったあと。きっといろいろ考え込んでしまったんだとおもう。まっきぃの声はいつもよりすごく辛そうで、私に状況を説明する言葉も辿々しくてこんなになるまで悩んでるのに私は全く気がついてあげられなかったことが、本当に情けなくて、悲しくて...。「嫌いになった?」なんて聞くんだもん。「そんなはずないでしょ」っていうのが精一杯だった。だって、いい時だけ一緒にいるのが恋人なんて思わない。辛い時こそ一緒にいたい。一番に頼ってくれるのが私であってほしかった。
その夜は少し話して、結局御両親に心配はかけたくないと、友達の家に行ってたようで、次の日の朝仕事前に会う約束して会いにいってきた。
想像以上に疲れた顔をしてて、何が辛いのかも分からなくてただ、仕事をやっていくことに自信をなくしてしまってた。好きだと思ってやってきたことに疑問を持っちゃって、やり所がない気持ちをどうしようもなく持て余してるような感じで。私にはなんにもできなくて、ただ、よしよしってしてあげることと話を聞くことしか方法はなくて。そのまま仕事にいった後も、心配でしょうがなくって休み時間の度に連絡したりして(^ー^;
けど、夜には私きついことをいっぱい言った。
「辛い原因も分からないでやめたって、なにしたって、同じことくり返すだけだ」とか、「全部が全部いいことで終わる仕事なんてないよ」とか。まっきぃを心配するなら言うべきではなかったかもしれない言葉をどんどんぶつけてしまった。立ち直ってほしかったから、なんて言い訳かな。

結局体調の悪さもあって休みの連絡を入れた時に気持ち的な問題も話したみたい。会社の人は「体調の悪い時に考えないで。」といって、薬と手作りのお弁当を届けてくれた。私もお休みで様子を見に行って御飯作って一緒に居たけど、私、そんなふうに優しく包んであげられなかった。きつい言葉で体調も悪い、気持ちも弱ったまっきぃにたたみかけただけで、また追い込んだだけで...なんにもできなかった。ほんと情けないなぁ。
一番好きな人に、一番大事な人に、一番優しくできないなんて最低だよね。
それなのに「ごめんね」っていわせてる。それは私が言わなくちゃいけないのに「ありがとう」っていってくれる。私、もっと強くなる。もっとやさしくなるよ。

今日、まっきぃはお休みでした。
髪をきって、買い物もしたようで体調も気持ちも元気になったみたい。夕方までの仕事だったから、その後食事してゲームセンターでスヌーピーとってもらいました☆すごくうれしくって、はしゃぎまわっちゃった。
元気な笑顔が見れたことが、本当に嬉しい。改めて、私の元気の源なんだなって実感したよ。
せっかく一緒にいるんだから、辛い時も楽しい時も一緒に居たい。全く別の人間だから、まるっきり分かり合うことは不可能かも知れないけれど、歩み寄ってお互いを理解しようと頑張ることはできる。そばにいることを、辛く思いたくない。いつもどおり笑ってくれることがこんなに大事なことなんて、忘れてたよ。
 
5月8日

ただいまです(><)
昨日かえってきました。ほんとに幸せな日々で、たのしかったぁ。
まっきぃは1日早くお休みが取れたので先に帰っていて、私はあとから追っかけたんだけど、一人で新幹線に乗るのも初めてでドキドキしちゃった。早速緊張(−−;
でも、駅についてまっきぃがホームにいるのを見て、なんだか涙が出てきちゃった。

1日目はまっきぃの友達たちに簡単に紹介してもらって、地元を紹介してもらって・・・まっきぃが通った小学校までゆっくりお散歩しました。夜はご両親と一緒にお食事。お父さんはお酒も入って上機嫌(^-^*もちろん、息子が久々に帰ってきたんだから、嬉しかったんだろうけど、緊張もほぐれちゃった。おかあさんも「緊張するのはよそでやってね」って言ってくれて、楽しくご飯できて嬉しかったです。急に押しかけてしまったから、お布団が干せてないってことでその日はまっきぃと別にホテルをとってお泊りしてきました。二人でゆったり過ごすことが、本当に久しぶりで、お食事よりドキドキしてたよ。
二日目は某テーマパークに行ってきました。二人で遊園地系に行くのは初めてで、きゃぁきゃぁはしゃいでしまいました。お花もいっぱい咲いてて、お散歩気分も楽しめちゃった。で、夜はまっきぃのお友達と一緒にちょっと飲みに行って、その足でこっちに帰ってきて、まっきぃの部屋でゆっくりしました。

おかぁさんはホント優しい人。息子を信じて「頑張っておいで」ってぽんっと背中を押してあげる感じで、すごいなぁ〜って思ったよ。地域の「看護婦さん」って感じで、食事中も相談事の電話を受けてたりしてた。お昼間にはおかぁさんの薬局に人が集まってて、いいなぁ〜って素直に思っちゃった。
素敵だなぁって。お土産にピングーのグラスとアップルティーを持っていったんだけど、興味心身に見てくださって帰る頃には大事に使ってくださってた。嬉しかったなぁ。まっきぃは確かに、おかぁさん、お父さんを半分こしてるんだなって、ほんとによくわかった気がした。まっきぃは、ここで育って頑張ってきたんだなって。こんな友達に囲まれてこの学校に通って、こんな風に遊んだなんて話を聞いていたら懐かしいような気分になって、自然と笑顔になるような・・・。
帰りは、残念ながら新幹線の指定が取れなくって、自由席もいっぱい!だからデッキで寄り添って座ってました。

もしかしたら今後もまたなかなか会えなくなるかも知れない。でも元気もらったから、大丈夫(^-^*元気元気!!!!
でも驚いたのが、新幹線に乗るところをなかなかあえない、専門時代の友達が目撃したこと。びっくり〜。

 
5月3日

わぁ〜〜〜〜い!!
5日から、まっきぃとプチ旅行決定しました☆うれしぃぃぃぃぃ(><)
今まで会えなかった分、いっぱいいっぱいあまえちゃお。もちろんまっきぃにだってあまえてほしいよ。
旅行といっても実は、前々からいってたまっきぃの御実家へお邪魔する計画がやっとのことで、実現したんです。御両親にお会いするのは、当然初めてで、今から凄く緊張してる。
服、どんなのがいいかなぁ。お土産はこちらの名産をお好きみたいだからそれにするとしても...おかぁ様がピングー大好きみたいだし、以前いっぱいスヌーピーグッズをいただいた御礼にプレゼントしたいけど、そしたらおとうさまには何かかっていった方がいいかなぁ??爪もちゃんと元に戻そう。ネイル作ったけど、やっぱりあんまりいい印象じゃないかもしれないし。
あぁ〜〜〜(><)どうしよう!
もう頭が回らないよ〜。
そういえば人生で「彼の御両親」にお会いするのは初めて。いつもそんなふうになる以前にダメになったりしてたから。つくりすぎた自分をほめていただいても、ちょっと複雑だけど最低限の礼儀や気遣いはしておきたいから。それに、やっぱりこれからもずっとまっきぃといたいと思うし、きちんとしなくっちゃ。

と、いうわけで少しの間日記をお休みするかも知れません。でも、次に書く時はきっとやっと、ラブラブなことをかけるんじゃないかなぁ〜☆
早く五日にならないかなぁ。
 
5月1日

神様は、ほんのちょっとだけ叶えてくれた。
今日、仕事の合間にまっきぃが店によってくれました。2,3分だったけど、わざわざ途中下車して、てくてく歩いてきてくれたことがすごく嬉しくって、ニヤニヤしてしまいました。でも、すぐにまっきぃは仕事に戻って、私も棚卸の処理が残ってて、
あっという間だったけど。そのときもまっきぃは「ごめんね」って言ってた。でもね、「ごめんね」なんて言ってほしくない。余計、寂しくなるんだよね・・・。あえない寂しさとは、また別の・・・。

お店はそこそこ順調になってきた。ただ、やっぱり例のバイトさんは無茶苦茶だけど(--;;新しいバイトさんはすごく可愛い良い子☆まだまだ若いから、知らないこととか対処のしかたとかわからなくって「ん〜〜〜〜〜・・・・」って思うところもあるけれど、注意したことは「はいっ」って素直に聞いてくれるし、何とかしようとも思ってくれてる。まぁ、時間はかかるけど(^-^;;こうやって、頑張っていこうって言う人が居てくれるとホント助かる。その人のミスも、多少は多めに見てフォローしてあげれる。なんだか、こうも差があるといかに相手を思いやる気持ちが大事か、素直に成長しようという気持ちが相手にどんな印象を与えるのか、しみじみと思う。やっぱり、人は一人じゃ生きていけないなぁ〜。
私もいっつもミスして、おんなじことを何回もやって怒られて、イライラさせてきたから、やろうと思ってるのにできないとかそういうもどかしさも、多少は理解できる。忘れがちな頑張り始めた頃のこととか、思い出して初心に戻るし。いいね。うん。自分自身も頑張ろうって思える。さぁ!!頑張らなくっちゃ!!

まっきぃ、実は明日誕生日です。
あ、もうあとちょっとで二日だね。もう25になります。いい大人だぁ(^-^*
昨日電話で話してるときに「いい??25才でも」って言うまっきぃをしかってやりました。「なんで〜〜??!!」って。私は、年齢でえらんだわけじゃないよ。まっきぃだから、私は一緒にいるんだよぉ。今年も一緒に当日のお祝いは出来ないだろうけど、次会える日にはいっぱいいっぱい楽しいお祝いしよう。
はやく、その日がこないかなぁ。

2004年3月 2004年2月 2004年1月 2003年12月 2003年11月 2003年10月 2003年9月 2003年8月 2003年7月 2003年6月 2003年5月 2003年4月 2003年3月 2003年2月 2003年1月 2002年12月 2002年11月 2002年10月 2002年9月 2002年8月 2002年7月 2002年6月 2002年4月 2002年3月 2002年2月




Produced by Cute Girls Interface