スポンサーリンク

恋愛運を予言するりんごの夢(夢占い)

夢の中に、りんごが出てきたら、
そのりんごが新鮮であればあるほど、
恋の成就を示す大吉夢です。



りんごの実がなったばかりの夢は、
新しい恋の出会い、
もしくは、片思いが実るチャンスです。

美味しそうなりんごの夢を見たら、
充実した恋愛に発展していく暗示です。

もし、腐ったりんごの夢を見たら、
愛情不足、倦怠期を迎えそうな暗示。
思いやりの気持ちを大事にしてくださいね。

リンゴが木から落ちる夢も悪い暗示です。
恋が壊れる可能性があります。
相手を傷つける行動は意識して控えてくださいね。

恋愛コラム 7月30日 人気ブログランキングへ


くれない族の反乱が今は熟年離婚に

“くれない族”は1984年の流行語。
「夫がかまってくれないの」
「子どもが言うことをきいてくれないの」
「姑が私の意見を聞いてくれないの」
「誰も私のことを理解してくれないの」
と自分のことは棚に上げてやけになる主婦が急増。
ドラマ「くれない族の反乱」で“くれない族”が流行に。
主演は田村正和と大原麗子でした。
“くれない族”が20年経ったら“熟年離婚”。

もともとは、くれない族は、
「先生が教えてくれない」「親がちゃんと育ててくれない」
とできないことを親や先生のせいにする若者を指す言葉でした。

くれない族という流行語は死語となりましたが、魂は今も生きています。
相談室でも“くれない族”の相談は多いです。
「彼がメールをくれない」
「彼が遊んでくれない」
「彼が抱いてくれない」
「彼が愛してると言ってくれない」
「彼が私を理解してくれない」

相手に非があるかもしれないけど、自分にも落ち度があったかもしれない。
「自分ができることは何か・・・」を考えたほうが
「・・・してくれない」と言ってるより、早く不満から脱出できます。
それに、いつまでも人のせいにしていると、ブスになってしまうから。
「・・・してくれない」は、ほどほどにしたほうがいいと思います。

恋愛コラム 7月8日 人気ブログランキングへ


結婚の理想と現実

非婚や晩婚は少子化の一因。
というわけで、国営のお見合い事業案が浮上しています。すでに地方ではお見合い事業に力を入れているところもあるけど、目に見える成果は少ないみたい。

中央公論の12月号に、既婚男性と未婚男性(25〜34歳)の間には、平均して100〜200万円の年収格差があり、恋人がいる男性といない男性の間にも、100万円程度の年収格差があるという記事がありました。

下の表は、東京都の場合の(25〜34歳)(参考・中央公論)
“未婚女性が男性に求める理想の年収”と“既婚男性の年収”と“未婚男性の年収”

未婚女性
の希望
25〜34歳未婚男性
の収入
既婚男性
の収入
こだわらない29.3%200万未満32.4%5.7%
200万以上4.3% 200〜399万44.2%34.6%
400万以上26.4%400〜600万20.0%34.6%
600万以上27.9%600〜800万3.5%15.4%
800万以上10.7%800万以上0%9.6%

例えば、男性に年収800万以上の経済力を求める未婚女性は10.7%もいます。
が、実際、年収800万以上を稼いでいる未婚男性は0%。0%は0人というわけではないと思うけど非常に少ないようです。既婚男性の収入を見ればわかるように、高収入の男はもうすでに誰かがゲットしているのが現実です。

下流社会でも分析されていましたが、男性の所得の高さと結婚の相関を見ると、所得が上がるほど既婚率が高まっています。女性の理想が贅沢になり、昔のように夫婦で頑張って豊かになっていこうという考え方が減り、結婚した当初から豊かさを求めるのも、非婚晩婚の要因のようです。女性にもう少し妥協してもらうか、男性にもっと働いてもらって収入を増やしてもらわなければ、結婚成立は難しそうです。

外食すれば作る手間は省け食べる物には困りません。風俗に行けば可愛い女の子がいます。コンピューターゲームで暇もつぶせるし、男性の孤独感は昔より少ないんだと思います。その結果が未婚率を上昇させ、20歳代後半男性の未婚率は72.6%、30代前半男性の未婚率は47.7%(全国平均)なのかもしれません。東京都の未婚率はもっと高く、30代前半男性の未婚率は半分を超えています。もっと働いて収入を増やしてね!男女平等なんだから家事もきちんとしてね!と女性から言われたら、甘やかされて育った男子はますます結婚から遠ざかりそうな気がします。

男女共同参画の推進に膨大な税金をつぎこみ、男女平等の家庭像を理想としてきましたが、実際は、未婚率は上昇し、出生率は低下しました。男女平等は理想かもしれない。でも、権利ばかりを主張し、男と女がお互いに不満を増長させるだけの男女平等政策なら、税金がもったいない気がします。

お金持ちと結婚したいと女が願っても、若くして大金持っている人は、ほんの少数派。女が男を選り好みしているように見えるけど、ほんとは、そのほんの少数派の男性に女が選ばれているのかもしれませんね。。。

恋愛コラム 7月7日 人気ブログランキングへ


優しく操縦

社会生活基本調査によると、夫の家事労働時間は、
★共働き夫婦の夫は、26分。
★専業主婦の夫は、35分。
なんだそうです。

共働きの夫のほうが家事をしてそうなイメージなんだけど、実際は、専業主婦の夫のほうが家事に積極的な結果がでています。いろんな要因があると思うけど、私はやっぱり気持ちの問題だと思っています。

共働き夫婦の場合、“家事はやってもらって当然”という女性の態度が、男性のやる気を無くさせているんじゃないかと。共働きでも専業主婦でも、妻が夫に感謝している家庭ほど、夫もそれに応えているよね。男性が家事をするかしないかは、女性の優しさや思いやりで左右すると思うよ。

生理でしんどい時に、「トイレが汚いな〜」なんて注意されたら腹が立ってくるでしょ。当たり前のように命令されて腹が立つのは男も女も同じだと思う。“家事はやってもらって当然”という態度は、結局、自分自身の首を絞めることになると思う。上手におだてて上手におねだりして優しく夫を操縦していくのが賢い女だと思います。

だんなは誉めて伸ばす。これが一番楽しいですよ。

恋愛コラム 7月6日 人気ブログランキングへ


思いやり

>思いやりってどうしたら持てるんだろう? 

相談室なんかで、たまにお話しするんだけど、思いやりって
自分の思いを(相手)にやる「思いやり」
自分の思いを(あっち)にやる「思いやり」があると思うの。

前者の思いやりは、たとえば、彼がしんどそうにしていた時
「大丈夫?」って心配して、声をかけてあげること。
これは、わりと誰でもできる「思いやり」だよね。

難しいのは、後者なんだ。
彼がしんどそうにしている時、「大丈夫?」って声をかけました。
すると、彼は、「うるさいなぁ、あっち行ってくれ!」と怒ったとしよう。

そんな時、ショックだと思う。
「心配して声をかけたのに、そんな言い方しなくたって」と思うと思う。
でも、そんな時に、そんな時だからこそ、必要なのが
自分の思いを(あっち)にやる、「思いやり」だと思うんだ。


落ち込んだ経験は、誰にでもあると思うけど、
落ち込んでいるときって、正論なんか通じないのよ。
正しいことがわかっているからこそ、それができなくて落ち込んでいるの。
そんな時に、
「心配して声をかけてあげたのに、そんな言い方しなくたって」
なんて正しいことを言われたら、どんどん相手を追い込むことになるわけよ。

最悪の場合は、そのたったひと言が大げんかになる原因になり、
ふたりの距離が離れることもあるわけで・・・。

正すことは、彼が元気になってからでもできるんだから、
そんな時は、でっかいハートで、グッと思いを飲み込み待ってあげるの。
これが、自分の思いを(あっち)にやる「思いやり」。



>思いやりってどうしたら持てるんだろう? 

下の4つの力を育てると持てるようになるよ。
これも一種の自分磨きですね。

●理解力・・・相手の気持ちを知ろうとすること
●想像力・・・相手の気持ちを察すること
●忍耐力・・・待ってあげること
●経験 ・・・我が身をつねって人の痛さを知る、ですね。


そうやって悩むのも、経験ですよ。

私がはにーちゃんの年の頃は、いろんな人を傷つけて、
自分を傷つけて、いっぱい泣いたよ。
失って後悔したこともあるし、二度と繰り返さないよう反省もした。
流した涙の分だけ、強くなりました。
どんな経験も無駄にしないように、大いに悩もう。大いに学ぼう。

恋愛コラム 5月19日 人気ブログランキングへ


B型の彼女

FC2ブログランキングをクリックしたら
B型の彼女というブログを見つけました。
A型の彼から見たB型の彼女のことを書いたブログ。

かな〜り振り回されているみたいだけど、
付き合って8年、同棲して6年の年月も経っているからか
彼だからわかる彼女もいていい感じたよ。

このブログを読むと、B型の娘ちゃんは
A型の彼からどんな風に思われているか参考になるかも。
これがO型の彼が書くとまた違う感じのB型の彼女になるんだろうけど、
O型の彼がこういうブログを書く人は少数でしょう。

そういえば、B型の彼女っていう韓国映画があったよね。
韓国では日本以上に血液型ブームなんだってね。

恋愛コラム 3月6日 人気ブログランキングへ


理想の妻

先日の落語家の春風亭小朝さんが好きな名言の続き。
理想の妻についての名言も語られていました。

理想的な妻とは・・・
20代は 愛人のように激しく
30代は 恋人のように初々しく
40代は 良き相談相手で
50代からは 腕の良い看護婦であること


なんだって。
これが殿方の本音のようです。
最後の“腕の良い看護婦”ってところがポイントなんだろうね。

女性の場合はどうなんだろう。
もっと現実的でしたたかな気がします。

恋愛コラム 10月23日 人気ブログランキングへ



スポンサーリンク



スポンサーリンク